okiraku-world.cocolog-nifty.com > 名水・湧き水(08):恵利原の水穴 天の岩戸(えりはらのみずあな あまのいわと) [三重]

1.恵利原の水穴(天の岩戸) 入り口

1.恵利原の水穴(天の岩戸) 入り口

「恵利原の水穴(天の岩戸)」は、伊勢自動車道:伊勢西インターから県道32号(伊勢道路:伊勢磯部線)を磯部町に向かって12kmほど走ったところに入口がある。
県道32号の志摩路トンネルを抜けてしばらくすると道路右側に「天の岩戸」の看板があり、その左側に鳥居をくぐるように入る細い道が入口である。
「恵利原の水穴(天の岩戸)」は、この細い道に入ってから道なりに2kmほど行ったところにあるが、車は2~300m手前の駐車場(無料)まで行くことが出来る。
駐車場から「恵利原の水穴(天の岩戸)」まで歩くことになるが、坂道になっていたり石段があったりするので、大きなポリタンクやたくさんのペットボトルでの水汲み(お水取り)は避けたほうがよいと思う。

<参考>
環境省選定 名水百選:恵利原の水穴(天の岩戸)
http://mizu.nies.go.jp/meisui/data/index.asp?info=51
志摩市観光協会:天の岩戸
http://www.kanko-shima.com/html/kanko/k_isobe.html
位置:三重県志摩市磯部町恵利原
htp://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E136.45.56.5N34.24.16.7&ZM=8


2.恵利原の水穴(天の岩戸)

2.恵利原の水穴(天の岩戸)

「恵利原の水穴(天の岩戸)」は、環境省の名水百選に選定されている。
この水は、天照大神が隠れ住んだという伝説がある神路山の逢坂峠にある洞窟からこんこんと湧き出ていて、水汲みがしやすい様に竹の筒が差し込まれている。
湧き出た水は、禊滝(みそぎたき)となった後、神路湖(神路ダム)に流れ込み、志摩用水として志摩住民の生活飲料水の源になっている。
ここでの水汲みは、水穴の近くに水神様が祀られているので、きちんと参拝した上で行うようにしたい。